fbpx
  1. HOME
  2. イベントやお知らせ
  3. ギアを回せ!ハンドルをきれ!自由の道へ!-みん天は未来の才能を応援します!

NEWS

イベントやお知らせ

ギアを回せ!ハンドルをきれ!自由の道へ!-みん天は未来の才能を応援します!

ギアを回せ!ハンドルをきれ!自由の道へ!

一社)みんな天才化機構は未来の才能を応援します!

理事長 深川英里

みんな天才化機構は子どもたちのチャレンジを応援しています。
チャレンジは人を大きく育てます。
未来の可能性を広げます。

 

しかし今、子どもたちはチャレンジがしにくい状態に置かれています。
旅行に行くことも、人と直接会って会話することも、互いに触れ合って成長していくという人として当たり前のことすら制限されています。
このような環境だからこそ、みんな天才化機構は子どもたちにチャレンジをして欲しいと考えています。

四国一周サイクリングチャレンジ

今、学校でマスクを強要されることに生きづらさを感じて、学校に行けなくなった子どもたちがいます。
みんな天才化機構の中にも、そういう子どもがいます。

中学二年生の丸本大仁くん。
彼は、コロナの異常性やマスクや過度の消毒などに関してレポートを書き、学校でのマスク強要の是非を先生と堂々と話し合いをしました。
学校側からは「マスクをしなくても良い」と許可してもらったものの、学校側から他の生徒へ経緯の説明がなされない為、丸本君と他の生徒の軋轢が生じました。
彼のレポートには、各教科の先生への質問も含まれていますが、その質問には答えてもらっていないとのことです。
そして彼は、今は学校へは行かず、自宅学習をする選択をしました。

学校をお休みしている間、彼は自分なりに考えて自宅で学習計画を立て、自分を鍛える為の日々の運動も計画的に行っています。毎日一冊以上の本を読み、感想と内容をアウトプットすることもやっています。大人の実用書を2度以上読み込んでアウトプットするまでの制限時間を30分としています。
そんな彼がサイクリングで四国を一周するチャレンジを決意しました。

学校へ行かなくても自分で学習し、自分でチャレンジして道を切り拓くことができると証明したいのだそうです。そして誰にでもそういう力があることを証明したいのだそうです。
様々な理由から学校や仕事に行けなくなって家に閉じこもって自殺を考えたりするような人がいたら、不登校児の自分がチャレンジする姿を見てもらって、もっと自由に自分自身の人生を生きて良いのだと感じてもらいたいと思ってのチャレンジです。

一社)みんな天才化機構は、丸本大仁くんのこの思いに賛同し、彼を応援することにしました。

 

不登校

「不登校」私自身、この言葉にネガティブなイメージを持っていました。
しかし、そのイメージは変わりつつあります。
それは丸本大仁くんとお父さんとの生活を間近に見てきたからです。
朝起きると体を鍛え、午前中は自主的に勉強し、午後からは興味のある社会問題を調べたり、趣味のプラモデル作りをしたり好きな事を追求する。
学校に縛られていないので、お父さんとタイミングがあえば出かけることも。

自分の人生を楽しんでいます。

私自身の子育てを振り返ると、もしかしたら、こんな生活を自分の子供にさせても良かったのかもしれないと思うようになりました。

 

不登校を推奨しているわけではありません。

しかし、どの子も、こういう生活をしても良いのかもしれないと思うようにもなりました。
誰でも希望すれば、こういった生活スタイルが許される社会でも良いのではないかと思うようになりました。

 

うちの子供達が学生の頃は、朝は7時半に家を出て学校へ行き、授業が終わると部活動、そして帰って塾で勉強し、自由になれるのは夜10時近く。
そうやって勉強を詰め込んで大学に行かせて、首尾よく就職はしたものの、大学で学んだ事は一切活かされない職場に配属。なれない事ばかりで苦労していました。
これが人生というものだと思っていましたし、みんな似たような人生を歩んでいるのではないかと思います。

学校へ行くとは?

一日のうちの長い時間を学校で過ごす子どもたちにとって、学校は彼らの生活そのものです。その学校生活に合わない子供たちにとっては「学校に行く」とは、本当に必要なことなのでしょうか。私は自分の子どもたちが不登校ではなかったので真剣に考える事はありませんでした。

しかし、そろそろ社会全体で真剣に考えるべき時が来たのではないかと感じています。

 

不登校児は全国で18万人以上

平成3年には約6万人だった不登校児が令和元年には18万人に増加しています。
18万人といえば1995年当時の広島市の年少人口(0~15歳未満)です。
広島市の子どもたちがすべて居なくなってしまった・・・そんなイメージです。

そして不登校の原因を見るといじめや環境の急激な変化、家庭内の問題、そして無気力。
中には生きる力を失ってしまう子もいます。

不登校児のお父さんお母さんの中には、ご近所に引け目を感じ将来を悲観する方もいるでしょう。

 

しかし!悲観するより何かにチャレンジしませんか?
どんな些細なチャレンジでも良いのです。

チャレンジすることは親子の可能性を、もっともっと、大きく広げてくれるのです。

 

おかしな世の中ですし、生きにくい世の中かもしれません。
だけど未来は変えられます。

 

未来ある唯一無二の人

私達は皆違う個性を持って生まれて来ます。
つまり、唯一無二の人。

子どもも大人も、すべての人が、この世で唯一無二の存在です。目の前には無限の可能性が広がっています。

その「未来ある唯一無二の人」が歩む道のりは、同じものは一つとしてありません。
それぞれが違っても、どの道も価値ある道です。

その道程に学校があろうが無かろうが、それぞれがとても貴重なものです。
その価値が、他と比べて劣るような事はありません。

一社)みんな天才化機構では、豊かな才能を持つ大勢のこどもたちがトレーニングを行い、自分の内側にあるオンリーワンの天才性を大切に育てています。
学校に行く子も行かない子も、私達には全く関係ありません。
みんなの可能性を心から応援します。

 

他の人と同じじゃなくて良いのです!自分の可能性を広げ、人生を自由にクリエイトしてください!
自分の人生を作り上げるためには苦しい上り坂もあるでしょう。でも諦めずにギアを回しつづけてください。そして誰かの価値観を生きるのではなく、自分の意思で、もっと自由に人生の道を選択してください。

ギアを回せ!ハンドルをきれ!自由の道へ!!

 

チャレンジ中は毎日Facebookでライブ配信します!

ロードバイクなので、夜間と雨天時は安全の為に走りませんが、それ以外は朝と夕方にライブでメッセージをお届けします。
もし良かったらアカウントのフォローをお願いします。

自転車で沿岸部を走る四国一周のルート

生きづらさを感じている方、私達の仲間になりませんか?。
まずは説明会へ

最新記事

頭が良くなる天才化ブログ