fbpx

自ら時間をコントロールするHGMの秘密

時間の束縛から自由になり、可能性を最大限に発揮する脳力(能力)

楽しく生きる為に知恵をつけ時間をコントロールしよう!

想像力は無限。時間をコントロールをして自分の人生をデザインせよ!

Hyper Genius Methodで時間の束縛から逃れる

大人の言い訳の上位に入る「時間がない」。
これを解消することは、貴方にとってどれ位の価値がありますか?

HGMでトレーニングすると時間の概念が変ります。

 

1万時間の壁を打ち破れ

一般的に何かに習熟するための必要時間は1万時間と言われています。職業的なプロなども1万時間が一つの目安になると言われています。
一概に1万時間と表現してもピンとこないですから、数字で表現していきます。

人が何かを学ぶ際には、何らかの本や問題集などを使って学んでいきます。
そこで、読書速度と習熟度に関して考察してみます。

単純な計算ですが、ごく一般的な読書速度は1分で400字~800字程度だと言われております。読書が得意な方で800字~1200字。ここでは計算を簡単にするために1分で1000文字と仮定します。
※1分で1000文字を継続的に読み込める人はそういません。読書スピードが結構速いと思われる数値で考察します。

本一冊の文字数は6万文字から10万文字(本によって全く違う)ですが、専門書になると文字数が多い傾向にあります。計算を簡単にするために10万文字だと仮定します。
すると、10万文字全てを読み切る為の時間は休憩なしで100分です。

では上記から、毎日1冊の専門書を読み、80分を暗記や演習に費やしたと仮定します。合計で180分(つまり3時間)。
毎日3時間の勉強をして1年間で1095時間です。まあ、1000時間としましょう。
すると、1万時間を学ぶためには10年間かかることになります。

これ現実的でしょうか?

 

理解することを激速化する。つまり脳みその処理速度を高めること。

単純に読書速度を倍にするだけでも大きく効率が変ることはおわかり頂けると思います。
しかしながら、速く読めることと理解できることは全く違います。

速く読んだとしても理解が追いつかなければ演習問題が解けず、余計に時間がかかってしまうかも知れません。
「1万時間の壁」とざくっと時間だけにフォーカスすると、「時間をかけたにもかかわらずできない」となるかも知れません。

大事なことは速く読むことではないのです。
みんな天才化機構では、「速読を目的としない」というのはそういうことです。
しかしながら、HGMトレーニングをすると例外なく読書速度は上がります。

HGMでは、以下を目的として脳力(能力)を引き上げます。

    1. 的確なインプット速度の向上
    2. きちんと体系立てて知識化する処理能力
    3. まとめてアウトプットする表現力

周辺知識と紐付けして知識のネットワーク化。知識から知恵へと昇華させること。

少し脱線しますが、みんな天才化機構では、学習プロセスと感情や感覚の関係を重要視しています。

例えば「夕日が美しい」と誰かが言ったとします。
この短い一文で貴方はどのような情景を思い浮かべるでしょうか?ちょっと思い浮かべてみてください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

あるお婆さんのお話ですが、学校に通えず文盲となってしまった方がいます。
70歳を過ぎてから、始めて文字を習います。読み書きの練習で「夕日は美しい」と書きました。
その時初めて『夕日は美しいのだ!』と感じたそうです。
彼女はそれまでの人生で夕日が美しいと感じた事がなかったと言います。つまり、言葉を知らなかった為、感情が動かなかったと。

このお話が示唆するものはなんでしょうか?
言葉と感情や感覚はつながっています。

別の例を出します。
潮干狩りに行き、アサリを掘っていたところ、ハマグリが採れました。
日本人ならハマグリが採れたと喜びますが、英語では共にCLAM(クラム)です。英語を話す人はハマグリが採れたとは喜ばないのです。
日本人が喜ぶのはハマグリとアサリを区分けし、同じ二枚貝でも区別し価値の違いを感じるからこそなのです。

言葉と感情や感覚はつながっています。

HGMトレーニングの初期では、自分の興味分野を大切にします。
そこでは多くの語彙を再入力するトレーニングを自分の興味分野から行っていきます。

語彙と感情、語彙と感覚、語彙と思考・・・
そうやってつなぎ直し、知識のネットワークを広げ、知恵として表現できるように導きます。

単なる知識収集に終わらず、知恵としてアウトプットするからこそ学習効果が高いのです。
その時にインプットアウトプットを感情や感覚に結びつけること。

感情や感覚で物事を捉え、そして行動に移す際には、思考レベルで考えるよりも感情や感覚を使う方が遙かに速いのです。
この重要な事実を貴方は活用すべきでしょう。

考えなくともすぐさま理解し、考えなくとも動ける。
それでこそHyper Genius (ぶっ飛んだ天才)なのです。

 

未来を思い描け!時間は自由になる。何でもできるぞ!

多くの人は何らかの制限を自らかけています。

人間の思考は物質化します。
貴方がその能力を閉ざしてはいけません。

貴方が今見ているもの、今触れるもの、今味わえるもの
生活の中にあるありとあらゆるものは、その昔誰かが想像したものです。
貴方が今使っているパソコンもスマホも、大昔には物質として存在していません。
誰かが思い描き、多くの人が思い描き、多くの人の知恵が結集し、常に進化し、そして今貴方が使っています。

想像の段階でそれを否定したならば、それらは物質化はしていません。

 

貴方も他のみんなも考え方を自由にし、時間も自由にすればよいのです。
HGMは単調なトレーニングではありません。世の中の真理まで追究したトレーニングなのです。
思考の制限も時間の制限も自らがコントロールする術が学べます。
感情や感覚・・・五感全てが研ぎ澄まされる。
これは一生の武器になるでしょう。

 

圧倒的に地頭が良くなるHyper Genius Methodの秘密