Warning: htmlspecialchars() expects parameter 1 to be string, array given in /home/xs371031/allgeniuses.com/public_html/wp-content/themes/nano_tcd065/inc/seo.php on line 158
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 天才化する記事
  4. 怒りのパワーを使おう

天才化ブログ

読むと天才化する記事

天才化する記事

怒りのパワーを使おう

「クッソー!あいつ、あんな事言いやがって!見てろよ!」

誰かにバカにされたことをきっかけに、怒りのパワー全開でライバルを追い越した経験、ありませんか?

何か目標を達成したいときは怒りのパワーを使うと達成が早いです。

怒りのパワー

怒るということを悪いことかのように感じてしまう人が多いと思うのですが、怒りの感情は悪くないです。

現代人は、怒りのパワーを使える人が本当に少ないです。

  • 冷静な人が素晴らしい人
  • 感情的な人はダメな人

こんな印象を植え付けられているので、特に、怒るという感情を表に出さないようになりました。

しかし、感情に良い悪いがありますか?

「怒らなくなりますよ」

よくあるコーチングでは、「コーチングを習うと怒らなくなりますよ」とか「喧嘩しなくなりますよ」等、尤もらしいことを言います。
しかし、そう言うコーチに、何か気に入らなさそうな事を言うと、すぐに怒ります。
一度試してみたら良いです。

感情に良いも悪いもない

人が抱く感情に、良いも悪いもないです。
そして感情の振り幅の広い人の方が行動します。
人の行動を抑制しようと思うならば、感情をもぎ取れば良いのです。

世の中を統べる人達は、【民衆の怒り】を怖がります。
【民衆の怒り】は革命をもたらすからです。

アンガーマネジメント、小学校でも行われて、まるで怒る事が悪いことかのように子ども達に教えています。

何故でしょうね?

学校の先生は一度、ちゃんと考えてみた方が良いです。

誰かにバカにされて、怒った勢いで頑張って何かを達成した経験があなたにもあるとしたら、もう一度、怒りのパワーを使ってみましょう。
そんな経験が無いとしたら、一度、しっかりと、何かに怒ってみましょう。
そして怒りのパワーに任せて行動してみましょう。

【怒りのパワー】は凄いのです。
上手に使いましょう。

関連記事