1. HOME
  2. みんなの実績紹介
  3. みんなの実績
  4. 相手の可能性、自分の可能性を閉ざさないように。

Performance

みんなの実績紹介

みんなの実績

相手の可能性、自分の可能性を閉ざさないように。

2021年第1回First Breakthrough Sessionに参加した皆さんの感想をご紹介します。

一社)みんな天才化機構 Hyper Genius Method第2期生
岡田卓也さん

相手の可能性、自分の可能性を閉ざさないように。 岡田卓也さん

FBS感想について

◯仮装について
ハードルは少しありましたが、コスプレでホテルから歩いていても、意外と他人は自分のことなんて着目していないということが、よく分かりました。
色んなことについて、もっと思い切っていいんだな、という気持ちを経験できます。

◯仲間
全国から仲間が集まることで、独特な雰囲気がある。
また、チャットルームでしか知らなかった人となりが、実際に会うことで繋がったりして、お互いがお互いの未来や創造力がミックスされる感覚が、とても新鮮です。
名前を見たりしている人たち、知らない人ではないので、アットホームのような、初対面の緊張感のような、混じった不思議な気持ちでした。
みんな、根性がありそうな人だと思います。

◯未来
成功すること、すでにそうなっているということが、重要な視点です。
その前提を共有したもとに、他者と関われる機会は貴重です。
人は人の過去を見がちなのかもしれない。
他者の未来はすでにそうなっている、と話を聞くことで、その人のことがより深く分かったり、相手のことを尊敬しやすくなります。
自分の視点としても、何かプラスになると思います。

◯トレーニング
日常に落とし込める、脳力を上げるための具体的な方法を伝授してもらえました。
取り扱える情報量を増やしたり、情報が新たに繋がっていく感覚や、またそのアウトプットやパフォーマンスは、その人その人で、千差万別になると思います。
正解はたくさんあって良いという視点のもと、自らの可能性をとざしてしまわないように、環境に関わっていくことが、大切になってくると思います。

◯まとめ
相手の可能性、自分の可能性を、知らず知らずのうちに閉ざさないようにする、そのために身につけておきたい能力。脳力。FBSはこれらを得るチャンスです。ということを、私は一番大きく感じました。

みんなの実績紹介